• 過去のJ.I.フォーラム

第219回J.I.フォーラム 「2016年に向けて」  2015/12/24(木)開催

今年は、安保法制やTPPなど日本の将来を左右する重要な政治課題に一応の結論が出ました。

しかし、運用はこれからです。さらに、先を見ると、国内的には財政問題は崖っぷちにあり、金融政策にも手詰まり感があります。また中東における紛争はヨーロッパさらには世界に波及する兆しを見せています。

いわゆるグローバリゼーションに遅れないようにといった次元ではなく、マクロに世界の動きを受けとめて、日本の社会、政治を考えることがますます重要になっています。

私たちは来年に向けてどのような心構えをしないといけないのか、政治、経済をリードするゲストの方々にお話し頂きます。


日時 2015/12/24(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室  地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円(構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。
親睦会参加費
4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
○当日のアンケート結果はこちら

〇当日のインターネット中継はこちら
 ※当日のみご覧いただけます

ゲスト
平 将明 (衆議院議員)

細野 豪志 (衆議院議員) 

横尾 敬介 (経済同友会 副代表幹事・専務理事)

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本代表)  
ゲスト発言はこちら

第218回J.I.フォーラム 「 地方自立のカギ 」  2015/11/25(水)開催

「地方の時代」「地方分権」「地方創生」・・・。

 40年以上も同じことが言われていますが、「国のコントロールと地方の依存」という構図はほとんど変わらず、地方はどんどん元気を失っています。

 しかし、よく見ると、地域の再生に向けた新しい動きも始まっています。民の立場でまちづくりを進めている地域のリーダーと、国に頼らず住民と一緒に考え、行動する首長たちに、現場の実体験、そこから見えてくる「ここがポイント」ということを大いに語って頂きます。


日時 2015/11/25(水) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 アルカディア市ヶ谷 5F 穂高・西 ※場所がいつもと違います 地図
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ) ※場所がいつもと違います ご注意下さい

※懇親会会場  「TO THE HERBS(トゥザハーブズ) 市ヶ谷店」
         千代田区五番町2(JR市ヶ谷駅2F) 
         TEL.050-5787-1164
    http://www.to-the-herbs.com/shop/tky_ichigaya/
 
※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 〇当日のインターネット中継はこちら

○当日のアンケート結果はこちら
ゲスト
門 康彦 (淡路市長)

後藤 健市 (株式会社プロットアジアアンドパシフィック

山中 光茂 (前松阪市長)

コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本代表)       

ゲスト発言はこちら

第217回J.I.フォーラム 「若者の政治参加」  2015/10/27(火)開催

 ~若者にとって政治が「自分事」になるのか~


安保関連法案の審議過程で「SEALDs」など若者のデモや発言が大きな話題となりました。

法案への賛否は別にして、政治や社会に無関心とされていた若者が政治を他人事ではなく自分事と考えるきっかけとなったという意味では、注目すべきことです。より広く捉えると、若者のNPOやボランティア活動は、20年来随分増えています。これも、政治、社会参画の一つの形でしょう。

さらに、構想日本が進めている自治体行政への住民参加も大きい成果をあげています。このような動きについて若者のリーダーを交えて、議論します。


日時 2015/10/27(火) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室  地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円(構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。
親睦会参加費
4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 〇当日のインターネット中継はこちら

 ※当日のみご覧いただけます

○当日のアンケート結果はこちら
ゲスト
鈴木 邦和(日本政治.com 代表) 

鈴木 智子(静岡時代 代表理事)

西田 亮介(東京工業大学 准教授)

原田 謙介(YouthCreate代表)       

◯コーディネーター : 伊藤 伸(構想日本 総括ディレクター)
ゲスト発言はこちら

第216回J.I.フォーラム「戦後70年 Ⅱ 歴史記憶と歴史認識を考える」  2015/09/28(月)開催

7月に続き、戦後70年シリーズの第2弾として、公益財団法人渥美国際交流財団との共催で、中国と韓国の近現代史がご専門の劉傑さん、木宮正史さんに、歴史の大きい流れやその解釈における基本的な考え方の違いなどを話して頂き、日本人がいずれにしてもずっとつきあっていかないといけない中、韓両国との相互理解を進めるための材料を提供していただきます。


日時 2015/09/28(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 アルカディア市ヶ谷 6F 伊吹 ※場所がいつもと違います 地図
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ) ※場所がいつもと違います ご注意下さい

※懇親会会場  「TO THE HERBS(トゥザハーブズ) 市ヶ谷店」
         千代田区五番町2(JR市ヶ谷駅2F) 
         TEL.050-5787-1164
    http://www.to-the-herbs.com/shop/tky_ichigaya/
 
※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 〇当日のインターネット中継はこちら

○当日のアンケート結果はこちら
ゲスト

木宮 正史(東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 教授)

劉 傑 (LIU  JIE)(早稲田大学社会科学総合学術院 教授)


コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表


ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第215回J.I.フォーラム 「で、どうする ー 新国立競技場」 ※日程変更  2015/08/20(木)開催

 新国立競技場建設の白紙撤回は「一度動き出したら止まらない」と言われる日本の公共事業がふりだしに戻った歴史的な瞬間でした。国民の声が政治を動かしたという点でも、画期的なことです。しかし、これはゴールではなくスタートです。

 「白紙撤回」の下で隠れている景観や再開発などの問題についても、再整理して議論したいと思います。さらにオリンピックの施設のあり方、都心の競技場、公共施設のあり方など本来政治や行政が考えるべき本質的な問題についても議論していただきます。

 そして会場の参加者にも議論に加わっていただき、できれば「論点整理」のようなものが作れるとよいと考えています。


日時 2015/08/20(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室  地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円(構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。
親睦会参加費
4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇当日のインターネット中継はこちら

○アンケート結果はこちら


★★★過去開催のJ.I.フォーラム★★★

ゲスト
鈴木 知幸(元2016年東京五輪招致推進担当課長)
松原 隆一郎(社会経済学者)
森 まゆみ(作家、神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会共同代表)
森山 高至(建築エコノミスト)
山嵜 一也(建築家、ロンドン五輪馬術会場設計監理者)

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本代表)
ゲスト発言はこちら

第214回J.I.フォーラム 「戦後70年 戦前の昭和期に学ぼう」  2015/07/24(金)開催

戦前の昭和期は激動の時代でした。大正末以来、円本の普及、ラジオ放送開始など、庶民生活は比較的安定し、情報普及も進みました。


しかし、金融恐慌以後、経済、政治の機能不全が一気に表面化し、テロそして戦争へと進んでいきます。その時に、政党、財界、言論界、そして国民はどのように動いたのでしょうか。


あらゆる要素がつまっているからこそ、私たちがこの時代に学ぶことは多いと思います。戦後70年の機会に、日本近現代史の第一人者、筒井清忠さん、細谷雄一さんと、昭和初期をよくみつめ、多くを学びたいと思います。


日時 2015/07/24(金) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室  地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円(構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。  
親睦会参加費
4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 〇当日のインターネット中継はこちら

○アンケート結果はこちら
ゲスト

筒井 清忠 (帝京大学 教授)     

細谷 雄一 (慶應義塾大学法学部 教授)


コーディネーター : 加藤 秀樹 構想日本 代表


ゲスト発言はこちら

第213回J.I.フォーラム 老・病・死を考える  2015/06/25(木)開催

仏教では、生老病死は人間が避けられない「四苦」とされています。しかしつい最近まで、日本社会全体としては四苦は片隅に置かれ、経済成長や豊かさの追求が中心課題でした。

ところが10年ほど前から、日本社会全体に四苦が重くのしかかってきました。生は少子化として。老病死は医療・介護という形で。65歳以上の日本人が人口の1/4を超えました。個人として老病死にどう対するかが、今や社会全体の大問題です。

「患者の葬儀に参列する医師」の佐藤さん、死後のことを扱ってきた僧侶の世界から医師になった対本さん。お二人ならではのお話を語っていただきます。


日時 2015/06/25(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室  地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円(構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。  
親睦会参加費
4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 〇インターネット中継はこちら
〇当日のアンケート結果はこちら
ゲスト
佐藤 伸彦(ものがたり診療所所長)
対本 宗訓(僧医、リンデンクリニック院長)

コーディネーター:加藤 秀樹 (構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら

第212回J.I.フォーラム  「地方創生 『大学習会』」  2015/05/28(木)開催

地方創生という言葉を頻繁に聞きます。政府は今年、初年度で1兆7,300億円の予算(26年度補正を含む)を用意しました。自治体はその受け皿のためのプラン(地方版総合戦略)作りを始めています。しかし、実はその中身がよくわかっている人は少ないようです。
今回は構想日本が地方創生のしくみや現状、効果などをわかりやすく整理し、みなさんに理解していただいた上で、ゲストに期待や課題について議論していただきます。
5年間で何兆円ものお金が使われます。税金が有効に使われ、地方が活力を取り戻せるよう私たちも「自分事」として考えたいと思います。


日時 2015/05/28(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室  地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円(構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。  
親睦会参加費
4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 〇インターネット中継はこちら
〇当日配布資料はこちら(配布資料1)(配布資料2
〇アンケート結果はこちら
ゲスト
岡田 豊(みずほ総合研究所主任研究員)
木下 富美子(北海道江差町顧問、地方創生人材支援制度による民間からの派遣)
清水  聖義(群馬県太田市長)       

コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)

ゲスト発言はこちら

第211回J.I.フォーラム  『暴力・虐待』とどう向き合うか  2015/04/23(木)開催

~少年の殺人や子どもの虐待を繰り返さないために~

川崎市で起きたような中・高生の殺害、幼児虐待あるいは家庭内暴力など、日常的な環境の中で起きる暴力や虐待が絶えません。
そして常に伝えられるのが、学校、警察、児童相談所などの行政機関の対応が後手後手に回っていることです。
自ら被害者、加害者の間に入って直接話をし、これまで2万件以上の問題を解決してきた玄秀盛さんと、制度づくりを含めて子どもの虐待撲滅に奔走している後藤啓二さんのお二人に、再発を防ぐにはどうすべきか、地域の問題、行政の問題などについて具体的に議論していただきます。


日時 2015/04/23(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室 地図
参加費
一般 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。
親睦会参加費
4,000円 (参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531
主催 構想日本
備考 〇アンケート結果はこちら
〇インターネット中継はこちら
ゲスト
玄 秀盛(公益社団法人日本駆け込み寺 代表)
後藤 啓二(NPO法人シンクキッズ 代表幹事)
    
コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら

第210回J.I.フォーラム「統一地方選を『自分事』に」  2015/03/25(水)開催

~投票はまちづくりの第一歩~

4月には統一地方選挙があります。日本中で首長や議員が選ばれるのです。
しかし投票率は昭和26年の約9割から前回の約5割まで低下し続けています。
つまり、私たちは地方自治を60年間にわたって「他人事」にし続けてきたのです。
実は市長や町長、地方議員などの権限は大きく、国会議員よりも私たちの生活に大きい影響を持っています。「他人事」の結果は地方政治・行政の劣化。ツケは自分たちに回ってきます。
これをどうやって「自分事」にしていくか、それぞれ異なる立場でユニークな地域活動をしている方々に議論していただきます。


日時 2015/03/25(水) 18:45~20:45(18:15開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室 港区赤坂1-2-2
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 懇親会参加費:4,000円(参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
アンケート結果はこちら
ゲスト 江藤 俊昭(山梨学院大学 教授)
増沢 諒 (「食べる政治」代表)
安丸 国勝(福岡県大刀洗 町長)

コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら

第209回J.I.フォーラム 「日本の財政、本当はどうなのか ~金融とあわせて考える~ 」  2015/02/18(水)開催

27年度の政府予算案は史上最高の96.3兆円、債務残高は27年度末に1035兆円(地方含む)になる見込みです。
一方、税収は2年前に比べて11兆円増の54兆円、公債費(新たな借金)は平成20年度以来の40兆円切れ(37兆円)など、明るい材料も見え、財政については、 「破綻リスクが高い」 、「改善する」と意見が二分しています。
財政と金融双方のエキスパートにお越しいただき、この先の財政を考えるうえで重要なポイントとなる金利の上昇リスクや、世界の経済状況から見た日本経済の見通し、いわゆる破綻とはどういう状況を言うのかなどについて議論していただきます。


日時 2015/02/18(水) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室 港区赤坂1-2-2
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円 (参加希望の方のみ)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前のキャンセルについてはキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇当日の配布資料はこちら(配布資料1)(配布資料2
〇アンケート結果はこちら
ゲスト
池尾 和人 (慶應義塾大学経済学部 教授)
小黒 一正 (法政大学経済学部 准教授)

コーディネーター : 加藤 秀樹 (構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら

第208回J.I.フォーラム 「無形文化財に賭けた生涯」  2015/01/26(月)開催

ナマハゲは児童虐待という意見があるそうです。万事、説明や理屈が求められる時代だからこそ、無形文化財が一層重要になってきているのです。何百年も続いてきた慣習、催しには庶民の知恵がつまっているはずです。
和食がユネスコ無形文化遺産登録されたように、無形文化財とは、実は私たちの生活の基盤なのです。言葉づかい、マナーなどが悪くなったと言われる背景には、過去何十年にもわたって政策的にも社会的にも無形文化が軽視されてきたことがあります。
懸田弘訓さんは無形文化財の発掘、維持に生涯をかけてこられた方です。とりわけ、東日本大震災で瀕死状態にある福島県の民族芸能保存に東奔西走されています。
是非このフォーラムに参加し、みなさんの身の回りの無形文化(財とは言えなくても)も会場でご披露ください。そして、庶民の知恵そのもののような懸田先生と楽しくかつ有意義な意見交換をして下さい。


日時 2015/01/26(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 TKPガーデンシティ永田町3階 ホール3E
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)
※懇親会会場 
「水中花」  千代田区平河町2-14-14  TEL03-3262-9990

※懇親会直前のキャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
アンケート結果はこちら
ゲスト 懸田 弘訓(民俗芸能学会福島調査団長)  

コーディネーター:加藤 秀樹 (構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

2014年のフォーラム 2016年のフォーラム