• プロフィール

  • 加藤 秀樹 (かとう ひでき)
    構想日本 代表

経歴

大蔵省に勤務後、1997年4月、日本に真に必要な政策を「民」の立場から立案、提言そして実現するため、政策シンクタンク構想日本を設立。
国、自治体のバランスシート導入、道路公団民営化、事業仕分け、医療制度改革など、縦横無尽の射程から日本の変革をめざす。


主な歴任、兼職

1997年~2008年
慶應義塾大学総合政策学部教授
2007年~2012年
東京財団会長
2009年~2012年
内閣府行政刷新会議議員 兼 事務局長、
2006年~現在
公益財団法人四国民家博物館理事長
2010年~2014年
静岡県“ふじのくに”行財政革新戦略会議 委員
2011年~現在
三重県経営戦略会議 委員
2014年~現在
京都大学経営協議会 委員
2015年~現在
京都大学 特任教授

著書、編書

『道路公団解体プラン』 文藝春秋(加藤秀樹と構想日本編)
『ひとりひとりが築く新しい社会システム』 ウェッジ(加藤秀樹編著)
『浮き足立ち症候群 危機の正体21』 講談社(加藤秀樹編著)
『立法学のフロンティア2』 ナカニシヤ出版(第7章「立法システムとNPO、シンクタンク」執筆)など

  • 伊藤 伸(いとう しん)
    構想日本 ディレクター(総括)

経歴

1978年北海道生まれ。同志社大学法学部卒。
衆議院議員秘書、参議院議員秘書を経て、05年4月より構想日本政策スタッフ。08年7月より政策担当ディレクター。
09年10月、内閣府行政刷新会議事務局参事官(任期付の常勤国家公務員)。行政改革全般や行政刷新事務局のとりまとめ等のほか、政府が実施した事業仕分けのコーディネーターも務める。
13年2月、内閣府を退職し構想日本に帰任(総括ディレクター)。13年9月より法政大学非常勤講師(NPO論)、15年7月よりNPO法人NPOサポートセンター理事。
Yahoo!ニュース個人にて、民の立場から政治、行政を動かす日常を綴ったコラム「政策の現場」を執筆中。


主な社会活動等

地方自治体事業仕分けにおけるコーディネーター、仕分け人(76回、43自治体)
政府事業仕分けにおけるコーディネーター(全6回すべて)
政党主催事業仕分けにおけるコーディネーター(自民党、民主党)
滋賀県高島市「財政諮問会議」委員(2005~2006)
東京都杉並区「市場化提案制度検討委員会」委員(2006~2008)
東京都杉並区「杉並民間事業化モニタリング審査委員会」委員(2008~2010)
埼玉県富士見市「民と官の連携による公共サービス改革検討委員会」委員(2009~2010)
静岡県「士民協働事業仕分け対象事業選定委員会」委員長(2011)
新潟市「行政改革点検評価委員会」委員(2014)
茨城県那珂市「外部評価委員会」委員長(2014~)
香川県三木町「総合戦略策定委員会」(2015)
千葉県白井市「行政経営有識者会議」会長(2015)

講演

地方自治体職員研修、大学講義、政党/会派勉強会、地方議会勉強会等
テーマ:事業仕分け、NPO論、地方議会改革、公職選挙法、政と官、霞が関の行動原理、政党 ガバナンスなど

共著・寄稿

『「官・民」の前に「要・不要」の議論を! ~「事業仕分け」=日本再生の第一歩~』
(千葉県自治センター編「クリエイティブ房総」2005年3月号)
『今の地方議会は「いらない」~地方議会再生プラン~』(we believe 2006年2月号)
『地方分権のキーポイントは現場にあり ~事業仕分けの意義と実際~』
(尾崎行雄記念財団「世界と議会」2008年6月号)
「自治体の事業仕分け 進め方・活かし方」(学陽書房、2011年7月)など