• 構想日本の活動

教育行政


2007/04/06(金)
教育は「国家百年の計」ではなかったのか ─文科省のコントロール強化は問題解決にはならない─

今国会で審議される「教育関連3法案」には、
「教育行政における地方分権」に真っ向から逆行する条項が
含まれています。

今の教育問題は、文科省の管理がなまぬるく
現場に任せられているから起こっているのではなく、
文科省がすべてを画一的にコントロールしてきたことが
大きな原因となっています。

現場を軽視した法改正により、一層の中央集権化が進み、
一層の中央集権化が進む恐れがあります。

 >> 詳しくは、こちらご覧ください。



教育行政一覧へ戻る