• 構想日本の活動

教育行政


2007/12/11(火)
「教育振興基本計画」に関するパブリックコメントに意見を提出

「教育振興基本計画」に関するパブリックコメントに、下記の意見を提出しました。


【教育振興基本計画に関する意見】

●地方分権(現場の裁量拡大)の視点を具体的に盛り込む必要がある。
ポイントは下記の3つ。

 (1)教育振興基本計画の策定にあたっては、「国の事業仕分け」を行い
 国と地方の役割分担を明確にしたうえで、国の担うべき分野についてのみ
 計画を策定すべきである。

 (2)(1)の役割分担を行う際には、教育活動の多様化を図るために、
 国の権限は最小限度に留めるべきである。

 (3)(1)の結果、本来地方が担うべき分野であっても、予算不足などの
 ため国の支援が必要な分野については、環境整備後の地方への権限移
 譲までのプロセスを計画に盛り込むべきである。

   >> 詳しくはこちらをご覧下さい。


 ≪参考資料≫(文部科学省ホームページ・リンクから転載)



教育行政一覧へ戻る