• 構想日本の活動

年金制度


2004/04/01(木)
年金法案の「附則」で制度見直しの確約を!

年金改革法案の国会審議が今日から始まりました。ただ、現在の内容には、本格的な制度見直しは含まれておらず、国民年金や厚生年金の空洞化、世代間の不公平などの問題を解決できません。したがって、国民の年金不信もなくなりません。

年金制度の根本的見直しが必要なことは、経済団体や学者を含め、大多数の意見が一致しています。制度の根幹について議論することを国民に約束するために、以下の内容を今回の年金改革法案の中に「附則」として盛り込む活動をすすめています。そこで、この活動の趣旨について下記のとおり記者発表を行いました。 

経済活力の維持・向上、世代間及び世代内の公平な負担の実現、国民の社会保障制度に対する信頼と安心確保の観点から、平成17年中に、公的年金制度について以下の項目を検討すること

(1) 制度体系の在り方
 とりわけ基礎年金の位置付けを明確化。

(2) 財政方式の在り方
 (1)の検討結果を踏まえ、最適な財政方式を決定。

(3) 給付と負担の在り方
  給付と負担のバランスに関する過大な世代間格差が空洞化の原因になっており、再検討。


〔本活動に対するご賛同者〕
跡田 直澄  安斎  隆 石原 信雄  伊藤 元重  糸田 省吾 
井堀 利宏  大村 秀章 翁  百合  小塩 隆士  貝塚 啓明 
加藤  寛  河野 太郎 駒村 康平  米谷 啓和  堺屋 太一 
塩川 正十郎 袖井 孝子 高山 憲之  中野 正志  西崎 哲郎 
西沢 和彦  西村 康稔 西室 泰三  広井 良典  松原 隆一郎 
松本  純  松山 幸弘 水野 清  三宅 純一  宮澤 弘 
宮脇  淳  八代 尚宏 吉田 和男  吉田 耕三
                 (4月1日現在、50音順/敬称略) 


日  時 : 平成16年4月1日(木)17:00 

場  所 : 厚生労働省 記者クラブ 

出席者 :
 ・塩川正十郎  
  (東洋大学総長/前 財務大臣、
   日本再建のため行政改革を推進する700人委員会 代表世話人)

 ・水野 清   
  (元 内閣総理大臣補佐官、
   日本再建のため行政改革を推進する700人委員会 代表世話人) 

 ・加藤秀樹(構想日本代表)


「平成十六年年金改革法案」附則(案) 

  (検討)
  第○条 政府は、平成十七年中に、次に掲げる事項について
  検討を行い、その結果に基づいて、所要の措置を講ずること。

  一 基礎年金の位置付けを含む制度体系の在り方

  二 前項の検討結果を踏まえた財政方式のあり方

  三 給付額の負担額に対する比率に関する世代間格差の在り方

以上



年金制度一覧へ戻る