• 構想日本の活動

年金制度


2004/05/25(火)
河野衆院議長に年金問題で申し入れ

年金問題で政治が大きく揺れています。民主党の岡田 新代表は、年金法案の廃案にも言及しています。

国民がうんざりするような年金保険料の未納・未加入問題ですが、これも制度の欠陥が背景にあります。

法案成立の如何を問わず、制度の抜本的な見直しを立法府が中心になって与野党間で協議するよう、5月19日、構想日本は700人委員会 水野清氏とともに、河野洋平 衆議院議長に申し入れました。その旨、ご報告するとともに、皆さまも一層、声を大にしていただきたいと思います。


〔与野党間で協議すべきポイント〕
(1) 基礎年金の位置付けをはっきりさせること
(2) 基礎年金の給付水準と給付要件を決めること
(3) 給付と負担のバランスに関する世代間格差を見直すこと
(4) 積立金の運用方法を変えること
(5) 年金制度の運用体制を見直すこと



年金制度一覧へ戻る