• 構想日本の活動

事業仕分け


2008/06/10(火)
事業仕分け26弾は草加市!

構想日本が2002年から行なっている行政の「事業仕分け」は行財政改革の切り札です。予算編成に反映させた結果、1割もの事業を削減できたという具体例もあります。今年度は10ヶ所以上の自治体での事業仕分けを予定し、問い合せも続いています。
 今回行う草加市は、2000年に埼玉県から彩の国中核都市に指定され、さらに2004年に特例市に移行するなど、県からの権限委譲を進めています。また、全市町村を対象とした「行政革新度調査」(日本経済新聞ほか)で9位にランクされている行革先進地域でもあり、事業仕分けの実施によりさらなる進展が期待できます。
 行政の方、自分の地域を何とかしたいという方、メディアの方、お誘いあわせのうえ、侃々諤々の議論に傍聴参加ください。必ず地域再生の大きな参考になると思います。


【日時】2008年6月28日(土)、29日(日)
         両日ともに、午前9時から午後5時頃
                ※入退室自由です。ご都合の良い時間帯にお越しください。
【会場】 草加市役所 西棟5F (埼玉県草加市高砂1-1-1) TEL:048-922-0151
     ※当日、市役所の駐車場は使えませんので、車でお越し方は近隣の民間駐車場をご利用ください。
【対象】 草加市の事務事業(45事業程度)
【参加者】事業説明者:草加市役所職員
      評価者(仕分け人)、コーディネーター:「明日の地方財政を考える会(自治
      体職員有志の研究会)」メンバーほか、構想日本事業仕分けチーム

●印刷用はこちら



事業仕分け一覧へ戻る