• 構想日本の活動

事業仕分け


2009/07/07(火)
富士見市の事業仕分け、7/18(土)、19(日) 開催!

構想日本が2002年より行ってきた行政の「事業仕分け」。歳出削減の効果や、職員、住民の意識改革などの実績が浸透し、これまで国の6省を含め45回実施し、今や行財政改革の「切り札」として注目の的です。
富士見市では、事業仕分け初の試みとして、「市民判定人」が仕分け結果を判定します。「市民判定人」は、市が18歳以上の市民1,000人を無作為抽出して参加を募った市民50人。仕分け人の議論を聞き、それぞれの事業の必要性や担い手について、市民が直接判断を下すという画期的な試みです。
まさに市民直接参加型の事業仕分け。市民による「改革」の幕明けとなるかもしれません。是非傍聴にお越しください。

【日時】 2009年7月18日(土)、19日(日) 9:00~16:00
  ※入退室自由、ご都合の良い時間帯にお越しください。

【会場】 富士見市役所 一階市民ホール/二階会議室
      (富士見市大字鶴馬1800番地の1 )
     ※会場に関するお問い合わせは、
             富士見市政策財務課 (電話)049-251-2711

【主催】 富士見市

【協力】 構想日本

【対象事業】 富士見市の一般会計事業(40事業)

【参加者】 事業説明者:富士見市職員
         仕分け人、コーディネーター:構想日本事業仕分けチーム
         判定者:富士見市民(無作為抽出された50名)

◆詳細・印刷用、参観のお申し込みはこちら
(参観希望の方はこちらの用紙に必要事項記入の上、03-5275-5617までFAXでご返信ください。
または、ご芳名、御所属、TEL、参加希望自治体名を記入の上、forum@kosonippon.orgまでメールをお送りください。)

◆富士見市の事業仕分け案内ページ



事業仕分け一覧へ戻る