• 構想日本の活動

事業仕分け


2014/09/22(月)
銚子市 事業仕分け開催 9月27日(土)、28日(日) -財政のV字回復を目指して-

昨年度に続き、銚子市で事業仕分けが実施されます。
銚子市は、市立病院への財政負担などが原因となり、昨年度は6億円の赤字決算に陥る危機だと報道されました。そこから抜け出すため、新たに設置した行財政改革審議会が勢力的に改革案を打ち出し、事業仕分けを実施するなど、なんとか赤字転落を回避できました。その過程で、市民が市の現状を知り強い危機感を持ったことが重要な要素となりました。今後、銚子市が健全な経営をできるかどうかは、市民と市役所がどこまで現状を「自分事」にできるかが鍵です。多くの自治体が似た状況にあります。是非傍聴して参考にしてください。    


【日時】
1日目: 9月27日(土) 9:30 ~17:00(予定)
2日目: 9月28日(日) 9:30~ 17:00(予定)

【会場】
銚子市保健福祉センター 2階会議室(銚子市若宮町4−8)
※会場についてのお問合せは
  銚子市行政改革推進室行政改革推進班(0479-24-8921)

【方法】
2班に分かれ、班ごとに構想日本仕分け人チームと市役所の担当者との議論を聞いて、25名の市民判定人が事業の是非を判定

※無作為に抽出した約1,500の市民に案内を送り、その中から希望のあった70名(のべ90名)が判定人として参加。

【参加者】
第1班
コーディネーター:石井聡(逗子市) 
仕分け人:熊谷哲(PHP総研)、田中俊(構想日本、1日目)/堀岡伸彦(医師、2日目)、渡辺文和(伊豆市)、熊井成和(館山市)、石橋美葉(静岡県、1日目)/塚本恵(民間企業、2日目)

 第2班
コーディネーター:伊藤伸(構想日本)
仕分け人:岡田直晃(東洋大学、1日目)/川嶋幸夫(構想日本、2日目)、松野英男(浜松市)、山根晃(足立区)、福嶋浩彦(中央学院大学、1日目)/藤島玲美(民間企業、2日目)、伊賀恵(弁護士、1日目)/岡野恵之(龍ヶ崎市、2日目)

 【対象事業】
26事業
1班:がんばれ銚子ふるさと応援事業、観光振興事業など14事業
2班:地区コミュニティセンター管理事業、市営住宅維持管理事業など12事業(2班は施設に特化、34施設)

【主催】 銚子市

【協力】 構想日本



※インターネット中継(「Ustream」)します。

 第1会場の様子はこちら

 第2会場の様子はこちら


お問い合せ:構想日本 伊藤/田中  TEL:03-5275-5607



事業仕分け一覧へ戻る