• 構想日本の活動

施設仕分け


2013/11/01(金)
全国初!高松市「施設仕分け」、11月24日(日)開催!

施設の老朽化、人口動態による住民ニーズの変化、厳しい財政状況という社会状況の中で、公共施設の見直し・再配置は全自治体が避けて通れない課題です。ところが、多くの自治体では「総論賛成・各論反対」となっており、合意形成に苦労しています。だからといって、先送りにしていたのでは事故や財政悪化など大問題が起きてしまいます。

そこで合意形成をスムーズに行うため、施設の関係者だけでなく納税者である市民(無作為に選出)が「自分ごと」として議論に参加し、合意形成の浸透を図る「施設仕分け」を高松市において全国で初めて実施します。

公共施設の切り札です。ぜひ傍聴にお越しください。



【日時】2013年11月24日(日)9:00~17:00

※入退室自由、ご都合の良い時間帯にお越しください。

【主催】 高松市

【協力】 構想日本

【会場】 高松市役所

【対象施設】1)保健センター、2)スポーツ施設、3)総合福祉会館 、4)温浴施設

【評価者等】

コーディネーター:伊藤 伸(構想日本 ディレクター)

ナビゲーター:福嶋 浩彦(中央学院大学教授)

                   川嶋 幸夫(構想日本 政策アナリスト)

市民評価者:無作為抽出による高松市民



施設仕分け一覧へ戻る