• 構想日本の活動

事業仕分け


2006/11/01(水)
滋賀県高島市、不断の改革に向け2回目の「事業仕分け」を実施

 高島市は、昨年11月に行った「事業仕分け」の結果などをもとに約20億円の歳出を削減し、新しい街づくりに向けた予算をつくりました(平成18年度予算概要)。 
 
 市民が本当に必要とする行政サービスの充実に向け、今年も「事業仕分け」を行います。今回は、市民が評価し、昨年の作業の時に評価者として参加した他市の有志職員(「明日の地方財政を考える会」メンバー)がコーディネーターとして問題提起含め議論の進行を務めます。

●日時: 平成18年11月11日(土) 午前9時~午後5時
●会場: 新旭公民館 3階研修室・4階多目的ホール
●対象:
・ソフト事業:24(土木、福祉、教育、商工、農林水産、等)
・施設管理運営:11種類(駐車場、公園、体育施設、等)
●参加者:
・評価者:高島市民25名(財政諮問会議委員、まちづくり委員、公募市民、等)
・事業説明:高島市職員
・コーディネーター:「明日の地方財政を考える会」メンバー5名
・全体統括:構想日本スタッフ


●作業風景



事業仕分け一覧へ戻る