• 構想日本の活動

事業仕分け


2013/08/26(月)
千葉県白井市事業仕分け(8/17,18)

白井市は3年連続での事業仕分け実施。初年度から市民判人方式を導入し、スリムで効率的な行政運営を推進していくための行政改革につなげるとともに、市が果たすべき説明責任の徹底と職員のさらなる意識改革を図ることを目的とするもの。3ヵ年計画の最終年。



【総括】
3回全て市民判定人方式を導入し、3年間の市民判定人応募率はすべて全国トップ(平均10%)。市民の潜在的な市政への関心の高さが見える。参加した市民判定人も感情論に流されることなく、冷静な意見を述べていたことが印象的。職員の説明も過剰に身構えることなく実直に受け答えていたことにより、議論がかみ合っていた。市長もほぼすべての事業を傍聴し、仕分け終了後に改善策を仕分け人と議論するなど、非常に前向き。また、事務局(財政課)作成の資料は、市民に理解してもらうことを心掛けていることが感じられ、質・量ともに素晴らしかった。

白井市では、仕分け後に、市民判定人と市長、そして構想日本代表の加藤も加わり総括セッションを全国で初めて開催。市民の意識の高さとともに、仕分けの取組に対する高い評価の声が聞かれた。
 

 【基礎情報】
 人口:約6万1000人
 面積:35.41km2


【日時】
 2013年8月17日(土)9:30~16:35、18日(日)9:30~15:30


【場所】
 白井市保健福祉センター
 

【主催、共催等】
 主催:白井市
 協力:構想日本
 

【実施概要】
 実施数:3回目
 対象事業数:17事業(3年間で57事業)
 対象事業費総額:約2億8493万円(人件費含む)
 25年度一般会計予算 約169億6511万円の1.7%

 仕分け人の構成とメンバー:
  コーディネーター:(17日、18日ともに)
      第1会場 伊藤 伸(構想日本)
      第2会場 中村 卓(草加市副市長)    
   仕分け人:
   17日 第1会場  川嶋 幸夫(構想日本)
                    辻  るり(新庄村職員)
                    原田 謙介(NPO法人 YouthCreate代表理事)
        松野 英男(浜松市職員)
                    森井 敏英(葛城市職員)
        第2会場 太田 康弘(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科教授)
                    黒部 哲哉(横浜市職員)
                    鈴木 邦彦(東京都職員)
                    露木 幹也(小田原市職員)
       百瀬 文子(一般財団法人 山梨県地場産業センター職員)


   18日 第1会場  朝倉 陽一(郡山市職員)
                    川嶋 幸夫(構想日本)
                    小瀬村 寿美子(厚木市職員)
                    田中 俊(構想日本)                  
       山根 晃(足立区職員)

      第2会場 石井 正彦(厚木市職員)
                    金坂 成通(㈱PHP研究所・新書出版部)
                    水上 貴央(弁護士)
                    森田 修康(公益財団法人 荒川区自治総合研究所研究員)
        吉武 智子(宇部市職員)

 判定人方式の有無:有(1日目第1会場23人、第2会場25人、2日目第1会場19人、第2会場14人の市民判定人)

 判定人応募率:800人に送付、67名から応募(応募率8.4%)


【活動実績】
 傍聴者:97人
 ネット中継視聴者:350人
 アンケート結果:準備中

 評価結果:不要・凍結 2件

      国・都・広域 1件

      市(要改善) 12件

      市(現行通り) 4件
 

【3年間の総括】
対象事業数:57事業
対象事業費総額:13億7193万円(25年度一般会計予算 約169億6511万円の8.1%)
傍聴者数:23年度 90人、24年度 136人、25年度 99人
市民判定人応募率:23年度 12.8%、24年度 11.9%、25年度 8.4%


【記事、参加者等の声等】
●富里市議 くぼた優(ブログ

【中継動画へのリンク】

当日の映像はこちら



事業仕分け一覧へ戻る