• 構想日本の活動

事業仕分け


2014/10/27(月)
山梨県北杜市で3年連続事業仕分け 10月18日(土)、19日(日)開催

最近の事業仕分けは、ほとんどが「市民判定人方式」で行います。これらは一般住民の中から無作為で選ばれた判定人が、議論の内容を聞いて事業の評価をするものです。裁判員制度と似ています。
北杜市では10月18、19日(土、日)の2日間に、3年連続3回目の事業仕分けを行います。無作為で選ばれた「市民判定人」が市の事業について評価を行います。画期的なのは、高校生が2名参加することです。これは過去3400人が参加した判定人の中で初めてのことです。高校生が自分の町のことを「自分事」として考えることは非常に重要なことです。
最先進地域です。ネット中継も行います。是非、傍聴、視聴ください。


【日 時】 平成26年10月18日(土)・19日(日)9:00~16:00 <2日間>

【場 所】 北杜市役所本庁舎 3階大会議室
      ※会場についてのお問い合わせは
       北杜市企画課(電話:0551-42-1321)

【対象事業】10事業

【主 催】 北杜
※詳細はこちらから 

【協 力】 構想日本

【参加者】
コーディネーター(進行役):伊藤伸(構想日本統括ディレクター)
仕分け人:
18(土)石井聡(逗子市)、内田文子(民間企業)、近納裕政(桜川市)、土屋龍一郎(民間企業)
19(日)石井聡(逗子市)、入倉要(民間企業)、嶋﨑圭一(厚木市)、渡邉信子(税理士)

【方 法】
構想日本仕分け人チームと市職員の議論を聞いて、「市民判定人」と「仕分け人」が判定する。
※市民判定人:無作為で選ばれた51名。

※インターネット中継はUstreamから


内容についてのお問い合わせは
構想日本(担当:伊藤、田中)
電話:03-5275-5607、e-mail:shiwake@kosonippon.org



事業仕分け一覧へ戻る