• 構想日本の活動

医療制度


2015/02/18(水)
銚子市で地域医療シンポジウム 3月1日(日)開催

 生活習慣病の急増など、過去数十年で患者のニーズや行動は大きく変化しています。一方それに対する医療制度や病院の対応はまだまだです。高齢化に伴う医療、介護を一貫してみていくことの必要性、膨大かつ急増する医療費など、日本の医療制度の抜本改革はまったなしの状況です。
銚子市は、高齢化率が約41%で全国平均の約27%を大きく上回り(※1)、平均寿命は千葉県内でワースト1です。また市立病院への赤字補填が市財政を赤字に転落させるほどの悪化の大きな要因となりました。
その”医療課題先端地域”である銚子市で、構想日本が協力し、シンポジウムを開催します。
第一部は財政破綻のため病院がなくなり診療所のみとなった夕張市で、むしろ寝たきりの老人がいなくなったなど、禍を転じて福とした例を元夕張市立診療所長の森田洋之さんに講演していただき、第二部は市長を始めとする銚子市の方たちと市立病院の今後のあり方などについて議論します。
地域の医療現場で奮闘している方、日本の医療問題を考えている方など、大いに参考となると思います。

インターネット中継も実施予定です。ぜひご覧ください。


【名 称】 地域医療シンポジウム ~これからの地域医療と公立病院のあり方を考える~  
【日 時】 平成27年3月1日(日)13:00~16:00
【会 場】 銚子市保健福祉センター(銚子市若宮町4-8、銚子市役所南側)
【ゲスト】 基調講演 森田洋之氏(南日本ヘルスリサーチラボ 前夕張市立診療所所長)


      <パネリスト>

越川信一(銚子市長)

森田洋之

大野慶周(銚子市医師会解答 大野眼科院長)


      <コーディネーター>

加藤秀樹(構想日本 代表)

【主 催】 銚子市 
【後 援】 千葉県、銚子市医師会、銚子市歯科医師会、銚子市薬剤師会   
【協 力】 構想日本
【入場料】 無 料 (事前申し込み不要)
【定 員】 100名程度


※詳細はこちらから

※インターネット中継はこちら(中継は第2部のみ)


 お問い合せは、構想日本(担当:田中)まで。TEL 03-5275-5607

※1 銚子市は住民基本台帳(平成27年2月)より。全国平均は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」より平成27年度の推計を抜粋。



医療制度一覧へ戻る