• 構想日本の活動

事業仕分け


2015/02/13(金)
【結果概要】京都府事業レビュー 2月10日(火)開催

【基礎情報】   人口:261万2399人(平成27年1月1日時点)
         面積:4,613 km²

【日  時】   平成27年2月10日(火)9:30~17:10
 
【会  場】   ルビノ京都堀川 2階
         (京都市上京区東堀川通下長者町下ル)
【主  催】   民主党京都府議会議員団
 
【協  力】   構想日本、PHP研究所
 
【実施概要】
実施回数:7回目
対象事業:10事業(5事業×2班)
事業費総額:約30億6,400万円(平成25年度決算見込み)
※平成26年度一般会計予算額:約8,969億円
 
【議論のし方と構想日本参加者】  2班体制
構想日本仕分け人チームと議員が、説明者(京都府職員)と議論し、それを聞いて学生判定人が対象事業の評価を行う。
※1班あたり 学生判定人 12~13名
 
構想日本仕分け人チーム
1班
コーディネーター:伊藤伸(構想日本) 
仕分け人:伊賀恵(弁護士)
     大迫慎太郎(三重県)、伴幸俊(豊田市)
2班
コーディネーター:露木幹也(小田原市)
仕分け人:赤井伸郎(大阪大学)
     水野幹子(東浦町)
     渡辺文和(伊豆市)
 
【実施結果】
事業1.府立図書館
仕分け人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業2.地域主導型公共事業
仕分け人:必要性△、効率性△、有効性△  <抜本的見直し/要改善>
学生判定人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業3.京都SKYセンター
仕分け人:必要性×、効率性×、有効性× <廃止>
学生判定人:必要性×、効率性×、有効性× <廃止>
 
事業4.けいはんなe2未来都市創造推進費
仕分け人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業5.府立体育館
仕分け人:必要性○、効率性○、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性○、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業6.一商一得パワーアップ事業費
仕分け人:必要性△、効率性△、有効性△ <抜本的見直し/要改善>
学生判定人:必要性○、効率性△、有効性× <抜本的見直し>
 
事業7-1.京の七夕事業費
仕分け人:必要性○、効率性△、有効性○ <要改善>
学生判定人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業7-2.鴨川納涼事業費
仕分け人:必要性○/△、効率性△、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業8.みらい戦略一括交付金
仕分け人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性△、効率性△、有効性△ <抜本的見直し>
 
事業9.地域力再生プロジェクト推進費
仕分け人:必要性△、効率性△、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性○、効率性△、有効性△ <要改善>
 
事業10.府内産木材利用拡大戦略事業費(うち、民間施設)
仕分け人:必要性○、効率性△、有効性△ <要改善>
学生判定人:必要性○/△、効率性△、有効性△ <要改善> 

※ 判定結果が同数の場合は、0.5でカウント。 



事業仕分け一覧へ戻る