• 構想日本の活動

事業仕分け


2008/09/12(金)
「国の事業仕分け」第2弾! -環境省- 総裁選候補も登場!

9月10日に、自民党「無駄撲滅プロジェクトチーム」が政策棚卸し作業を実施しました。今回は文部科学省に続く第2弾。構想日本も前回同様に全面的に協力をしました。
奇しくも、自民党総裁選の告示日と重なり、実施の延期・中止も検討されましたが、PT所属議員の強い意向により実現に至りました。当日は、総裁選の候補者(与謝野馨議員、小池百合子議員)も立ち寄られ、政策棚卸し/事業仕分けの必要性を訴えていました。
以下、結果をお知らせ申し上げます。

●対象事業:18事業(対象事業費1074億円/環境省予算2197億円の49%)

●傍聴者数:約400名

●評価結果
 -全体

●傍聴者の感想:構想日本ポリ吉ブログ

●作業の風景
園田博之衆院議員(自民党政務調査会会長代理/無駄撲滅PT座長)


河野太郎衆院議員(自民党無駄撲滅PT「その他チーム」主査)


加藤秀樹


開会式に駆けつけた与謝野馨衆院議員


吉野正芳環境副大臣(前・無駄撲滅PT「その他チーム」副主査)


小池百合子衆院議員


傍聴者



事業仕分け一覧へ戻る