• 構想日本の活動

事業仕分け


2008/07/24(木)
国の「事業仕分け」ついに実施!トップランナーは文部科学省!

「国」の事業仕分けがついに実現します。
行政の「事業仕分け」は行財政改革の切り札です。これまで自治体で27回実施し、1割もの歳出削減につなげるなど大きい実績をあげています。国については小泉内閣以来、「骨太」などに謳われてきたものの、各省の反対で実行できませんでした。
この度、自民党「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」の強い意向と文科省の改革に向けた積極姿勢の結果、「政策棚卸し」として実現することになりました。
「事業仕分け」はカナダ、イギリスでも財政再建に絶大な威力を発揮しました。
政治家、報道関係の方、そしてもちろん世の中を良くしたいという方はどなたでも、侃々諤々の議論に傍聴参加ください。「戦後60年目の大掃除」の始まりです。


【日時】平成20年8月4日(月)、5日(火) 午前9時~午後5時
               ※入退室自由です。ご都合の良い時間帯にお越しください。

【会場】日本財団ビル2階 大会議室(港区赤坂1-2-2)
         ※会場に関するお問い合わせは構想日本まで。


【対象】文部科学省の事業(30事業程度)

【参加者】事業説明者:文部科学省職員
      「仕分け人」(評価者)、コーディネーター:自民党「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」
                              構想日本事業仕分けチーム及び外部有識者


●印刷用はこちら



事業仕分け一覧へ戻る