• 構想日本の活動

道路公団


2008/03/31(月)
道路財源「特定」⇒「一般」へ -道路の「必要性」を「事業仕分け」でチェックしようー

あらゆる予算の中で見直しがもっとも困難だった道路建設。
その道路特定財源に一般化の可能性が出てきました。しかし、
道路族の反撃はこれからでしょう。
実質の伴った一般財源化、道路予算の見直しを実現するには、
どうすればいいのでしょうか。
構想日本は以下の提案をしてきました。是非ご一緒に考えて
下さい。

【「道路特定財源問題」真の解決のための3本柱】
・道路特定財源はすべて一般財源化する。
  -「公共事業のための財源」から「住民にとって本当に
   必要な行政サービスのための財源」へ

・一般財源化後は、すぐに個別の道路関連事業の見直し
 (事業仕分け)を行う。
  -「真に必要な道路」は個別具体的に見なければわから
   ない。そのためには、事業仕分けの手法が必須。

・暫定税率を廃止した上で、本則税率を現行の暫定税率の
 水準まで引き上げる。
  -現在の日本の自動車/道路にかかる税率は世界的に見て
   高くはない。また、地方にとっては一般財源という意味
   での税収は必要。

 ※ただし、石油価格の高騰を考え、1、2年間に限り「暫定
  税率廃止、本則税率据え置き」という「暫定措置」を取る
  ことも考えられる。



道路公団一覧へ戻る