• 構想日本の活動

事業仕分け


2012/05/16(水)
「事業仕分け」、ついに海外へ! ~インドネシア国会で「事業仕分け」研修会実施~

 □―――――――――――――――――――――――――――――――

                     「事業仕分け」、ついに海外へ!
        ~インドネシア国会で「事業仕分け」研修会実施~

―――――――――――――――――――――――――――――――□

構想日本が事業仕分けを始めて以来、地方自治体で142回、政府、
国会など国レベルで10回ほどの仕分けが実施されました。

これほど事業仕分けが広まった背景には、「民主主義の空洞化」
があると思います。政党、国会、政府など、日本には民主主義の
「器」は揃っているのに、それらが機能していないのです。これ
らの「器」に魂を入れ民主主義を生きたものにする。それが事業
仕分けの目指すことです。

実は「民主主義の空洞化」は近年、海外でも問題になっており、
それを打破する手法として事業仕分けが注目されています。

まずはOECD、そして今回のインドネシア議会です。

事業仕分けの核である「公開性」や「外部性」がインドネシア議
会の議員の関心を強く惹き、インドネシア議会で財務省の官僚な
ども交えた事業仕分けの研修会が開かれることになりました。

日本で生まれた政治の仕組みが海外でも広く活用されるようにな
れば、最近発信力が落ちていると言われる日本の大きい国際貢献
にもなるでしょう。


◆インドネシア議会(上院)「事業仕分け」研修会
(現在、最終調整中)

○日程:2012年5月16日(水)

○主催:インドネシア議会(上院)※   共催:JICA

※二院制のインドネシア議会における上院(地方代表議会)。

○講師:構想日本事業仕分けチーム

○対象:インドネシア地方代表議会議員、他        


--------------------------------------------------------------------

*お問い合わせ:構想日本 西田/田中/立花 TEL 03-5275-5607

--------------------------------------------------------------------



事業仕分け一覧へ戻る