• 構想日本の活動

総合戦略作成協力


2016/02/18(木)
茨城県行方市を河野行革担当大臣が視察! 住民自治の先端モデル=「100人委員会」 2/21(日)開催

「地方創生」を進めるための設計図が自治体ごとに作っている「総合戦略」です。
多くの自治体がコンサルタントに丸投げしている中で、茨城県行方(なめがた)市では、無作為に選ばれた市民による会議(「なめがた市民100人委員会」)が、市民自らの手で戦略を作成しています。

その最終回(2/21(日))を河野太郎行政改革・防災担当大臣が、視察します。パネルディスカッションも行います。どなたでもご参加できます。是非お越しください。

      ― 100人委員会の特色 ―

1.事業仕分けで課題を抽出

2.課題に対して市民や地域ができること、行政が行うべきことを議論

3.戦略としてまとめる

行改とまちづくりを一体的に考えた非常にユニークな取り組みです。
このプロセスを通じて委員の地域に対する当事者意識は確実に高くなり、まちづくりを担う自主的な活動が次々に生まれています。

      ―   開 催 概 要  ―

【名  称】  行方市「第6回 なめがた市民100人委員会」

【日  時】  平成28年2月21日(日)14時30分~17時30分

【内  容】  第一部:行方市総合戦略書に関する議論(14時30分~16時)
              第二部:パネルディスカッション(16時15分~17時30分)
       ※時間はいずれも予定です。

       ・登壇者:河野大臣、行方市鈴木市長、構想日本代表・加藤
       ・テーマ:『市民から始まるまちづくり~行革と防災の視点から~』

【会   場】  行方市北浦公民館 2F研修室(行方市山田2175 )
              ※会場についてのお問い合せは行方市総合戦略課まで(0299-72-0811)

【主  催】   行方市

【協  力】  構想日本

※インターネット中継のリンク先はこちら
 
※茨城県行方市「総合戦略」の詳細はこちらから 

内容についてのお問い合せは
構想日本(担当:伊藤/田中)
電話:03-5275-5607、e-mail:shiwake@kosonippon.org



総合戦略作成協力一覧へ戻る