• 構想日本の活動

事業仕分け


2016/12/07(水)
千葉県富津市「施設仕分け」開催 1月28日(土)、29日(日)

★富津市の特徴★

1.全国的に公共施設が過剰になっており、老朽施設の改修も必要になっている。富津市では、昨年、公共施設について全体の計画を策定。施設の個別の見直しのプロセスに仕分けの手法(外部の専門家、市民の参加、公開実施)を活用
 
2.総合戦略づくり、事業仕分けに続いて2年連続で実施
 
3.無作為に選ばれた「市民判定人」約40名が議論に参加し、評価  

【対象施設】
○公民館(富津公民館、中央公民館、市民会館、峰上地区公民館)

○コミュニティーセンター、ふれあいシニア館、老人憩の家

○富津市民の森

○市民ふれあい公園、新富運動広場、富津運動広場、富津市浅間山運動公園

○富津市総合社会体育館

※全22施設、維持管理費総額 約5億円

【議論の仕方と参加者】
構想日本仕分け人チームと説明者(富津市職員)が議論し、それを聞いたうえで市民判定人が対象施設について評価を行う。

※市民判定人:無作為に抽出した住民1,500人から選ばれた40名。


【日 時】 2017年1月28日(土)9:30~15:50(予定)
           1月29日(日)9:30~16:45(予定)

【場 所】 富津市役所 本庁舎
      (富津市下飯野2443番地)
      ※会場に関するお問い合わせは、富津市総務部経営改革推進課 電話:0439-80-1211まで。

【入 場 料】 無料 (どなたでも傍聴できます)途中退出可。

【主 催】 富津市

【協 力】 構想日本

※詳細は、富津市ホームページでもご覧いただけます。
 
お問い合せ:構想日本 伊藤/小川
TEL:03-5275-5607、email:shiwake@kosonippon.org



富津市の活動一覧へ戻る