• 構想日本の活動

現場みらい塾


2017/04/27(木)
第5期現場みらい塾 受講生募集開始!

現場みらい塾は、ハウツー的なスキル中心の従来型の自治体職員向け研修ではありません。自治体のどの仕事にも応用できる「知恵の出し方を身につけるトレーニングの場」です。


過去4期の特徴として、


 ・自治体職員を中心としながらも多様な参加者がいる(地方議員、メディア、民間企業など)。

 ・受講者がその後プログラムの内容を自分の自治体で実践するケースが多い。

 ・OB・OGが翌年度以降も参加する比率(リピート率)が高い。 


などがあります。

行政職員を中心に、議員や民間企業等で働く人などが一緒に半年間議論し、多様なものの見方と知恵の出し方を学び合うゼミ形式のプログラムです。


受講生はこれまでに約100名。問題意識の高いOB・OGとのネットワークも大きい財産です。



現場みらい塾の様子は〈こちらから

【第5期プログラム】

第1回:

6月23日(金)13:0018:30

【会場】衆議院第二議員会館 第1会議室(B1F)

講義:「地方自治・地方創生」

  石破 茂  〔衆議院議員〕

講義:「“社会のこと”を「自分事」にする」

加藤 秀樹 〔構想日本 代表〕

6月24日(土)10:0016:00

【会場】協働ステーション中央(NPOサポートセンター)

実践:「自分の課題を見つめ直す」

モデレーター:田中 俊 〔構想日本 政策スタッフ〕

講義:「事業シートから自分の仕事を見つめ直す」

伊藤 伸 〔構想日本 総括ディレクター〕


※第1回は1日目と2日目で会場が違いますので、ご注意ください。


2回:7月8日(土)10:0018:00

 ( 講演者 調整中 )


講義:「事業仕分けの本質と活用」

実践:「模擬事業仕分け1/手法を学ぶ」

伊藤 伸 〔構想日本 総括ディレクター〕



3回:729日(土)10:0018:00

 ( 講演者 調整中 )


実践:「模擬事業仕分け2/チームで体験する」

実践:「事業シート・プレゼンテーション/発表から体得する」

伊藤 伸 〔構想日本 総括ディレクター〕



4回:8月19日(土)13:0018:30、20日(日)10:0016:00

 ( 講演者 調整中 )

実践:「グループディスカッション・プレゼンテーション」

講義:「 自治とは何か 」

福嶋 浩彦 〔中央学院大学 教授・元消費者庁 長官・元我孫子市長〕

実践:「締めくくりディスカッション」



※講師や場所は情勢等により変更となる場合があります。また、講義テーマはいずれも仮題です。
※上記はそれぞれの回のタイムスケジュールを表しているものではありません。
※敬称略 


【開催概要

スケジュール 

【第5期】

 第1回:6月23日(金)13-18時半、24日(土)10-16

 第2回:7月8日(土)10-18

 第3回:7月29日(土)10-18

 第4回:8月19日(土)13-18時半、20日(日)10時~16

 ※現時点での予定ですので変更の可能性があります。

主な
テーマ・講師
 調整中
募集人数
 各期とも定員50
応募資格
 地域をより良くしたいという情熱を持ち、地域の課題解決と未来創造のために、自ら考え行動する意思のある人
費用
受講料:40,000円(税込)
※旅費・食費等は含まれません。
※1日のみなど単発での受講を希望する場合、1日につき1万円(税込)で受講することができます。

会場

▼6月23日(金)

 衆議院第二議員会館 第1会議室(B1F)

東京都千代田区永田町2-1-2

▼6月24日(土)、7月8日(土)

 協働ステーション中央(NPOサポートセンター

東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2F

▼7月29日(土)、8月19日(土)、20日(日)

 (調整中)

応募手続き

※下記のいずれかの方法でお申込みください。

1.現場みらい塾申込みサイトに入力し送信

2.受講申込書を構想日本までメール、もしくはFAXで送信

メールアドレス:info@kosonippon.org

FAX番号  :03-5275-5617


【お問合せ

構想日本  担当:田中、永由  0352755607Emailinfo@kosonippon.org




現場みらい塾一覧へ戻る