• 構想日本の活動

事業仕分け


2018/07/30(月)
【結果概要】千葉県市原市「事務事業の市民点検 7月29日(日)・9月24日(月・祝)実施」

【当日の様子を紹介】
 ◇コーディネーターを務めた伊藤のFaecbook投稿を抜粋して掲載
伊藤伸 構想日本 総括ディレクター

千葉県市原市の市民点検(2年前の初開催に続いて2回目)。無作為に選ばれた市民(プラス2年前の市民点検に参加したOBOG、市原市内にある高校の高校生)が、判定をするだけでなく、議論にも参加をする画期的な試み(構想日本はコーディネーターとして参加)。
このような手法は全国唯一で最先端とも言える。

残念ながら昨日は台風の影響で延期となりひとまず2日目のみの開催。感想を一言で言うと、

「市民と目線を合わせれば自ずと良い結果が生まれる」

「市民に何を言われるかわからず怖い」「無作為は誰が来るかわからないのでどんな議論になるか予想もつかない」「ちゃんと理解してもらえるとは思えない」

職員にも、見に来た傍聴者にも色々な考えがあったかもしれないが、実際に議論してみると、市民点検員の皆さんはとても建設的でかつ事前にしっかり勉強もされて的を射た質問を多くされていた。コーディネーターをしていて、とてもうれしくなった。
◇抜粋は以上です。下記【参加者等の声等】にも抜粋して掲載しています◇

【名    称】  事務事業の市民点検

【基礎情報】  人口:277,014人 (平成30年7月1日現在)
        面積:368.17㎢

【日  時】  1日目:  7月28日(土) 9:00 ~16:30(台風の影響により延期。)
        7月28日(土)⇒9月24日(月・祝) 9:00~ 16:30
        2日目:  7月29日(日) 9:00~ 16:30

【会    場】  市原市役所 議会棟 第1、2、4委員会室 (千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1)

【主  催】  市原市

【協  力】  構想日本

【実施概要】
 実施回数:2回目(2年ぶり)
 ※過去の活動はこちらからご覧いただけます。

 対象事業数: 36事業

7月29日

会場

テーマ

事務事業名

判定

第 1
会場

3-1 コンパクト・プラス・ネットワークの推進
3-2
暮らしやすい住環境の創出

バス交通等地域対策協働事業

もう一歩!
(要改善)

バス運行対策費補助事業

もう一歩!
(要改善)

空き家バンク事業

もう一歩!
(要改善)

3-2 暮らしやすい住環境の創出

狭あい道路後退用地整備事業

もう一歩!
(要改善)

道路愛護推進事業

いいね!
(継続)

河川愛護事業

いいね!
(継続)

第 2
会場

4-1 少子化対策と子育て支援の充実

電子親子手帳サービス事業

もう一歩!
(要改善)

産後ケア事業

いいね!
(継続)

出産前後家事等サポート事業

いいね!
(継続)

ファミリー・サポート・センター事業

いいね!
(継続)

病児保育事業

いいね!
(継続)

放課後児童クラブ整備事業放課後児童健全育成事業

いいね!
(継続)

第 3
会場

重点的テーマ
【総務部関連】

Off-JT(職場外研修)の推進事業
OJT
(職場研修)の推進事業

もう一歩!
(要改善)

ワークライフバランス推進事業

もう一歩!
(要改善)

職員採用試験

いいね!
(継続)

情報セキュリティ

いいね!
(継続)

マイナンバー普及啓発事業

もう一歩!
(要改善)

公用車の活用

もう一歩!
(要改善)


924

 

 

 

会場

テーマ

事務事業名

判定

 

 

掲示板設置補助事業

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

2-1 地域団体による活動への支援

町会集会施設整備事業

もう一歩!

第1

 

(要改善)

会場

 

市民公益活動支援補助事業

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

 

健康・医療相談ダイヤル24事業

いいね!

 

 

(継続)

 

2-2 健康寿命の延伸

特定健康診査・特定保健指導事業

いいね!

 

 

(継続)

 

 

がん検診事業

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

 

小学校少人数学級推進事業

いいね!

 

 

(継続)

 

4-2 確かな教育の推進

心のサポーター事業

いいね!

第2

 

(継続)

会場

 

教育の情報化推進事業

いいね!

 

 

(継続)

 

 

文化振興事業(美術鑑賞ツアー)

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

4-4 文化の継承と創造

美術作品巡回展示事業

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

 

いちはら伝統芸能体験事業

いいね!

 

 

(継続)

 

 

新産業導入促進事業

いいね!

 

1-1     臨海部工業の競争力強化

(継続)

 

1-2     中小企業の経営力向上と起業・創業促進

中小企業基盤強化促進事業

もう一歩!

第3

 

(要改善)

会場

 

中小企業金融対策事業(預託)

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

 

住宅用省エネルギー設備等設置補助事業

いいね!

 

 

(継続)

 

5-1 自然エネルギー等の有効利用

バイオマス利活用事業

もう一歩!

 

 

(要改善)

 

 

環境学習事業

いいね!

 

 

(継続)


※対象事業費総額:37億176万円
※参考:平成29年度一般会計予算:907億3,000万円


【市民点検員(仕分け人)の構成とメンバー】
3班体制
1班(1会場)あたり 
コーディネーター(構想日本) 1名
市民点検員 10名程度
 
構想日本仕分け人チーム
  第1班 
  コーディネーター:前田 真 (北海道清水町役場企画課課長補佐)
  第2班 
  コーディネーター:熊井 成和(千葉県館山市健康福祉部長)
  第3班 
  コーディネーター:伊藤 伸 (構想日本総括ディレクター)

【活動実績(当日)】
 傍聴者数:  人※集計中

【参加者等の声等】
〇市民点検員の感想
・市原市について知るとても良いきっかけになった。
・普段の生活ではわからないことを知ることができた。
・点検に参加しなかったら知らないことばかり。とても勉強になった。とても素晴らしいことなので広めていきたい。
・とても参考になった。町内会でもこのことを伝えていきたい。
・人材をどう育てるかという視点においては良いテーマだった(※職員研修や採用試験が対象だった)。このような場をもっと作るべき。全国の最先端になってほしい。
・自分(が経営する)会社と比べて、恵まれている部分と制約を受けている部分が混在していることがわかった。最終的には市民に信頼さっる人材になるようがんばってほしい。
・他の点検員の話を聞いてとても勉強になった(大学生)
・皆さんが意外に同じことを考えていることに気づいた。
・知らないことが多かった。たくさんの事業を知ることができて勉強になった。
・女性の管理職の方の話が聞けてうれしかった。
・引越してきて前に住んでいた市役所との雰囲気の違いを感じた。今の状況に合う職員になってほしい。
・参加することに意義がある。
・テーマとしては議論しにくかったが色々自分なり考えてみた。
・苦手な言葉があったけど、有意義に過ごすことができた。
・ズバッと言いたかったけど難しかった。
・皆さんとても鋭かった。とても勉強になった。
・今まで市のことに興味なかったが、一つ一つ考えていくと自分に繋がっていることが分かった。
・とても有意義だった。市の事業を聞く機会がないので重要な時間だった。



※事務事業の市民点検についての詳細は市原市ホームページよりご覧いただけます。



市原市の活動一覧へ戻る