• 構想日本の活動

事業仕分け


2018/09/22(土)
【結果概要】羽島市事業仕分けを開催しました!!

【総 括】  ※準備中につき、少しお待ちください。


【名 称】  羽島市事業仕分け


【基礎情報】 人口:67,906人(201891日現在)

       面積:53.66km²


【日 時】  9月22日(土)   9201600


【会 場】  羽島市福祉ふれあい会館 2階 地域ふれあいスペース 

        (羽島市福寿町浅平3丁目25番地)


【主 催】  羽島市


【協 力】  構想日本


【実施概要】

 実施回数 :2回目(市民判定人方式)

事業名

H29事業費(千円)

判定結果

市道修繕活動報償金事業

2,944千円

一部見直し

ごみの減量化対策事業

425千円

不要・凍結

コミュニティセンターの管理・運営事業

94,900千円

抜本的見直し

いじめ不登校防止対策推進事業

3,059千円

現行通り・拡充


※対象事業費総額 約1億円(2018年度一般会計 当初予算2115,000万円)


【構成とメンバー】

 コーディネーター(構想日本) 1


 仕分け人 4


 羽島市市民判定人 37

 (住民基本台帳から無作為に選ばれた市民1,300名に案内を送付し、応募のあった37名。)


※仕分け人は議論に参加し、市民判定人が評価をするための論点を浮き彫りにする。

 

<仕分け人・コーディネーター>

 コーディネーター:伊藤 伸 (構想日本総括ディレクター)


 仕分け人    :上久保明治(浜松市会計管理者)


          川澤良子 (Social Policy Lab株式会社 代表取締役)


          清水正樹 (テレビ局勤務)


          若森洋崇 (豊岡市環境経済部UIターン戦略室主幹兼環境経済課主幹)


【活動実績(当日)】

 傍聴者数:80人

 

【記事、参加者等の声等】

中日新聞(2018/9/25)「市民が4事業判定 羽島で仕分け、地域施設管理など

 

※事業仕分けについての詳細、当日の様子は羽島市ホームページよりご覧いただけます。


お問い合せ:構想日本 伊藤/永由

TEL03-5275-5607email:shiwake@kosonippon.org



事業仕分け一覧へ戻る